冷え性の防止と健康の為にホットパンツと腹巻を使う

冷え性の防止と健康の為にホットパンツと腹巻を使う

20代頃くらいからかなり冷え性で、それが原因で体調を崩してしまった事が何回もあります。

 

特に冬場の体の冷えは酷く、通勤電車の中でお腹が痛くなってしまい、結局途中で列車を降りてしまった事も一度や二度ではありません。

 

ですのでなるべく体を冷やさないように気を遣っていたのですが、それだけでは根本的に体の冷えは解消される事がありませんでした。

 

その頃から物理的に体を温める事こそが健康につながるのではないかと思い始めていたのですが、健康の為にと始めた事がホットパンツと腹巻などを着る事です。

 

お腹には丹田というツボもありますし、温めた方が体に良いのだとネットでも掲載されているのを見た事もあります。

 

それからは通勤電車でもお腹が痛くなる事もなくなりましたし、夏でもエアコンがつくのでだるくなっていたのですが、全くだるさもなくなりました。

 

最近はホットパンツでもやや長めの物が売られているのですが、その上に夜には腹巻もしています。

 

日中はホットパンツだけでも充分なのですが、夜の方が布団がはだけてしまう事もあるので、体調を崩す事もあり体を温めています。

 

この衣服の中の下着に気を遣うだけでも、冷えがかなり解消されて健康対策にもなっていると思います。

 

医療事務資格の人気ランキング※資料請求で資格を取る

ほんの少しだけ、頑張るウォーキング

 

寒くなってくると、運動不足が気になります。

 

なので天気のいい日は、頑張って外に出てウォーキングすることにしました。

 

そのために、わざわざ靴まで買ったんですから、頑張るしかありません。

 

 

最近はウォーキング用のちょっと負荷のかかる靴があるんですね。

 

少し高かったんですが、思い切って購入してみました。

 

 

寒いんですけど、いつもの外出より1枚インナーを少なめにして午前中の家事を済ませてからウォーキングに出かけます。

 

意外に自宅付近でも行ったことないところは多くて、いつも違う道を通って飽きないようにしています。

 

カメラも持っているので、天気のいい日は空や花の写真も撮影しています。

 

 

それでも、天気が良くてもなかなか乗り気ではない時もあります。

 

そんな時は嫌々出かけるのはやめて、うちでストレッチすることにしました。

 

結局継続できなければ意味がありませんからね。

 

義務ではないのだから、あまり頑張りすぎないようにしています。

 

 

やっぱり歩くことは健康に一番良いですね。

 

1週間くらいウォーキングをお休みしていると、ちょっと調子が悪いなと感じる時があります。

 

そういった時にウォーキングに出かけると、外の空気をたっぷり吸って体の酸素を入れ替えているような気分になってすっきりします。

 

これからも、ほんの少しだけ頑張ってウォーキングを楽しみたいと思います。